PeeVee.TV

新規ユーザー登録  |  ログイン

   
動画共有PeeVee.TV > ニュース > 事件・事故 > 警察の庇護の下行われた靖國神社へのテロ攻撃(1/3)

警察の庇護の下行われた靖國神社へのテロ攻撃(1/3)

  次の動画へ
now loading...
新着動画一覧
   

警察の庇護の下行われた靖國神社へのテロ攻撃(1/3)
http://peevee.tv/v?5s8088
警察の庇護の下行われた靖國神社へのテロ攻撃(2/3)
http://peevee.tv/v?5s871b
警察の庇護の下行われた靖國神社へのテロ攻撃(3/3)
http://peevee.tv/v?5s8814

<台湾人のテロ攻撃に断固たる反撃を!>

高金素梅ら台湾人の靖國神社乱入はテロ攻撃だ
台湾代表処の代表は日本国民に土下座して謝罪せよ

◆11日、「強制連行」の謝罪キャンペーンを行っていた高金素梅ら台湾人達が、徒党を組んで靖國神社に乱入、英霊に侮辱の限りを尽くす破壊活動を行った。整然と足並みをそろえ、役割分担された行動は訓練されたプロ並の手法であった。

◆<『語る』運動から『行動する』運動へ>は翌12日、支援者らと共に港区・白金台の台北駐日経済文化代表処に集合。靖國神社を冒涜した台湾人の行為は反日テロであるとして猛抗議を展開した。

◆この期に及んでも保守には、「あれは外省人であって台湾人ではない。シナ人の挑発に乗るな」という恐るべき主張を展開する連中がいる。かつてシナの反日破壊デモに対して、「保守の言論人」はしたり顔で「あれはシナの社会矛盾を外へ拡散する内部問題であって、日本を敵視した外交問題ではない」と説教を垂れたが、今回の台湾人の英霊冒涜はこれと軌を一にした屈服思想である。その後、シナにおいて反日は激化することこそあれ、その逆は一切ないことが「保守言論人」のデタラメを証明している。

◆敵と戦えない、戦わない精神の惰弱を小難しい被理屈で覆い隠す醜悪以外の何ものでもない。困難な現実を受け入れ、これと敢然と対峙出来ない精神の退廃を言い訳、修飾する心理を専門用語では「合理化」と言う。

◆我々<『語る』運動から『行動する』運動へ>はこの現実、つまり台湾はシナの手先となって「反日」へ国家政策がシフト転換した現実を受け入れたうえで彼らと対峙する。国家と国家の関係は国益が全てに最優先され、個人的な「親日」の感情など入り込む余地はない。

◆明治維新は道理の正しさを堅持し立ち上がった少数が、巨大な権力を変革・打倒した。変革の原動力は、少数の正しき道理であって見かけの数ではない。これは歴史の法則である。<『語る』運動から『行動する』運動へ>は少数といえど連帯を求めこそすれ、理念を貫徹する上での孤立を恐れはしない。

コメント

名前:
メール:
コメント:

投稿

この動画へのコメント

削除します。よろしいですか?

この動画の評価

21人が評価 

shukenkaifuku1さんのプロフィール

shukenkaifuku1 サイト名 shukenkaifuku1


ブログに貼る

サイズ大   サイズ中   サイズ小  

この動画の情報

投稿日時:09/08/13 18:39  視聴回数:3066回
カテゴリ: 事件・事故 イベント ニュース全般
タグ: 高金素梅  台湾  支那  シナ  中国  反日  靖國  テロ  警察  主権回復を目指す会  西村修平  桜井誠  加藤哲史 
追加されたタグ:
追加したユーザー:

タグ:
要ログイン

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

表示-改変禁止 表示-改変禁止 2.1 日本

著作権侵害報告フォーム

著作権を侵害しているコンテンツ、もしくは公序良俗に反すると思われるコンテンツを発見した時は、報告フォームよりお知らせください。ご協力お願い致します。

報告フォームへ

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-Tue Nov 21 07:44:02 JST 2017 PeeVee Corporation. All rights reserved.